ワークフローの比較で情報共有環境の最適化を図ろう

婦人

職場の環境づくり

女性

導入の準備が必要なストレスチェックの制度では、企業の導入方針からチェックの内容の審議や調査が必要になります。このあたりは専門機関の協力を得ることで、従業者にとって本当に働きやすい環境づくりが可能です。

迅速な業務遂行を目指す

2人の女性

業務を円滑に進めるためには、あらゆる課題をクリアにしていく必要があります。特に継続的に作業を進めることを考えれば、一作業あたりの工数を減らしたり時短をしたりすることが必要でしょう。これらは、自助努力でどうにかできるものもありますが、便利なシステムを使うことで解決することもできます。ですから、どちらが適切であるかを比較した上で進めていくといいでしょう。
最近は業務や情報共有をすべてワークフローが構築できるシステムが選ばれており、企業の導入件数も増えています。今までアナログな方法をとっていた企業でも、ワークフローがあることで業務が明瞭化し、無駄な工数や時間を削減することができます。

色んなメーカーから登場しているワークフローシステムは、基本的な操作を知ればどの業種でも活用できます。ただ、もっと決定的な業務効率を進めることを考えるなら、機能面をさらに比較した上で導入した方がいいでしょう。特に特殊な工程管理を行なっている業種になれば、それに対応しているワークフローであることが望ましいです。ですから、導入前に使ってみて、本当に業務管理が円滑に行なえるかどうかのチェックが必要です。ここでは、メーカーから出されているデモンストレーションのシステムを使うことで、効果計測することができるでしょう。もちろん、現場単位で使ってみないと本質的な業務改善に繋がらないので、目的や機能を活用する画面を想定しながら利用するようにしましょう。

相互の理解を深める

オフィス

社外の担当者とやりとりを行なう情報共有システムを使うなら、ASPが便利でしょう。このシステムは単に言葉のやりとりするのではなく、図面や画像の共有も可能なので業務効率が可能になります。

環境づくりに必要

パソコンを操作する人

改正労働安全衛生法によって定められたストレスチェック制度は、自社内で仕組みを構築していく必要があります。専門のアドバイザーを利用することで、従業者が働きやすい環境づくりを進めることが可能です。

Copyright © 2016 ワークフローの比較で情報共有環境の最適化を図ろう All Rights Reserved.